美郷町情報公開制度の概要

美郷町が保有する公文書を町民のみなさんからの請求に応じて開示する制度です。 町民のみなさんの知る権利を尊重し、実施機関の説明責務を果たすことで、 民主的な行政運営と公正な町政の確保に寄与すること が目的です。

請求できる方

町民に限らず、誰でも開示の請求をすることができます。

制度を実施する機関(実施機関)

1.    町長
2.    議会
3.    教育委員会
4.    選挙管理委員会
5.    監査委員
6.    農業委員会
7.    固定資産評価審査委員会

請求の対象となる情報

職員が職務上作成又は取得した文書で、組織的に用いるものとして実施機関が保有しているものになります。

公開しないことができる情報

次のいずれかに該当する情報が記録されている公文書の請求があった場合は、情報を開示しない場合があります。
1.    法令又は条例の定めるところにより公開することができないものとされている情報
2.
   個人に関する情報(事業を営む個人の当該事業に関する情報を除く。)であって、公開することにより当該個人の権利、名誉、利益等を害するおそれがあると認められるもの。ただし、次に掲げる情報を除く。
ア 法令又は条例等の定めるところにより何人でも閲覧することができるものとされている情報
イ 公表することを目的として実施機関が作成し、又は取得した情報
ウ 法令又は条例等の規定に基づく許可、免許、届出等の際に実施機関が作成し、又は取得した情報であって、公開することが公益上必要であると認められるもの
3.
   法人その他の団体(国及び地方公共団体を除く。)に関する情報又は事業を営む個人の当該事業に関する情報であって、公開することにより競争上又は事業運営上の地位その他社会的地位が損なわれると認められるもの。ただし、次に掲げる情報を除く。
ア 事業活動によって生じ、又は生ずるおそれがある危害から、人の生命、身体及び健康を保護するため、公開することが必要であると認められる情報

イ 法人等又は個人の違法若しくは不当な事業活動によって生じ、若しくは生ずるおそれがある支障から人の生活を保護するために、公開することが必要であると認められる情報
4.
   監査、検査、契約、訴訟、交渉、渉外、試験その他実施機関が行う事務事業に関する情報であって、公開することにより当該事務事業又は将来の同種の事務事業の公正又は適正な執行に支障が生ずるおそれがあるもの
5.
   町の機関内部又は機関相互における審議、検討等の政策形成過程における情報であって、公開することにより公正又は適正な政策形成に支障が生ずるおそれがあるもの
6.
   国、地方公共団体又は公共的団体(以下「国等」という。)との協議、依頼等に基づき実施機関が作成し、又は取得した情報であって、公開することにより国等との協力関係が損なわれると認められるもの
7.    行政上の義務に違反する行為の取締り又は犯罪の捜査に関する情報であって、公開することによりその遂行に支障が生ずるおそれがあるもの

情報公開請求の方法

「公文書公開請求書」に住所、氏名、開示を請求する公文書の名称などを記入して、美郷町役場総務課に提出してください。※「公文書公開請求書」は右記からダウンロードできます。

開示・不開示の決定

請求書を受理した日から 15 日以内に開示するかどうかの決定をし、請求者に通知します。ただし、やむを得ない理由により、この期間内に決定をすることができないときは、期間を延長することがあります。

開示の方法

お知らせした日時・場所で公文書を閲覧していただくか、写しを交付することで行います。

手数料について

公文書の閲覧 1 件につき 200
写しの交付を希望される場合は、以下のとおり実費(※)をいただきます。
※A3判以内のもの 1枚につき 10 円 カラー 1枚につき 30 円  (両面の場合は、片面を1枚とする)
※A3判を超えるもの 1
枚につき 200

決定に不服がある場合

実施機関の決定に不服がある場合は、行政不服審査法の規定に基づき 不服申立てをすることができます。

情報公開制度の運用状況

  条例の規定に基づく請求等は以下のとおりです。
 

全部開示(件) 一部開示(件) 非開示(件) 合計(件)
平成26年度 4件 4件
平成27年度 6件 1件 7件
平成28年度 3件 2件 5件
平成29年度 2件 1件 3件
平成30年度 6件 3件 9件
令和元年度 9件 2件 11件
 
このページに関する情報