国民健康保険税(新型コロナウイルス感染症の影響による減免制度)

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯について、国民健康保険税(国保税)が
減額、または免除となる場合があります

対象となる国民健康保険税
 令和2年2月1日から令和3年3月31日までの間に納期限が設定されている国民健康保険税
 
対象となる世帯と要件
 対象世帯1 新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯
 対象世帯2 新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の収入が前年より減少する見込みの世帯
      【対象要件】以下の1から3すべてに該当すること
       1 世帯の主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入(以下、事業収入等)の
         いずれかの減少見込み(割合)が前年の30%以上である
       2 世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額が1,000万円以下である
       3 世帯の主たる生計維持者の減少見込みの事業収入等以外の前年所得金額が400万円以下である
 
 ※世帯の主たる生計維持者とは…世帯主またはその者の収入でその世帯の生計を維持していると認められる世帯員をいいます。
  
減免額の算定方法
 対象世帯1に該当する世帯  全額免除
 対象世帯2に該当する世帯  つぎの計算式で算出
 
 減免額は、(表1)で計算した減免対象保険税額に(表2)の減免割合を掛けた金額となります。
  計算式   減免額 =  減免対象保険税額(A×B/C)×減免割合(D)
(表1)   減免対象保険税額 = (A×B/C)
 世帯の被保険者全員について算定した国保税額
 世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等にかかる前年の所得額
 ※事業収入等が複数ある場合はその合計額
 世帯の主たる生計維持者および被保険者全員分の前年の合計所得額
(表2)      世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額                  減額または免除の割合 D
300万円以下 10分の10(全額免除)
400万円以下 10分の8
550万円以下 10分の6
750万円以下 10分の4
         1,000万円以下 10分の2
※ 世帯の主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、主たる生計維持者の前年の合計所得金額にかかわらず、
対象保険税額の全部を免除します。
 
申請方法
 郵送もしくは窓口への持参により、つぎの申請に必要な書類を整えて提出してください。なお、各納期限の7日前までに申請が必要ですのでご注意ください。
 
【申請に必要な書類】※申請様式は税務課に備え付けています。また、「関連ファイル」からダウンロードできます。
  対象世帯1
   ・国民健康保険税減免申請書(コロナ減免用)
   ・死亡または重篤な傷病であることを証明する書類(医師による死亡診断書または治療診断書等)
  対象世帯2
   ・国民健康保険税減免申請書(コロナ減免用)
   ・収入状況等申告書(コロナ減免用)
   ・収入の減少が証明できる書類(確定申告書控え、事業帳簿、源泉徴収票、給与明細等)
   ・事業等の廃止、失業したことを証明できる書類(廃業届、退職証明書、解雇通知書、雇用保険受給資格者証等)
  

 
このページに関する情報