不妊治療・不育症治療費助成

不妊治療や不育症治療に対する助成を
行っています

 
 一般不妊治療・特定不妊治療や不育症治療を受けた夫婦の経済的負担を軽減するため、治療及び検査に要した費用の一部を助成しています。


●対象費用   不妊症や不育症の治療や検査に要した費用

●対 象 者    次の(1)〜(5)全てに当てはまる方

        (1) 医師から不妊治療・不育症治療を認められた方
        (2) 町税など町に対する納入金を滞納していない夫婦
        (3) 申請日の1年以上前から美郷町に住んでいる夫婦
          ※ 夫が単身赴任で他市町村に住んでいる場合は妻のみでも可
        (4) 助成金申請後も美郷町に住み続ける夫婦
          ※ 夫が単身赴任の場合は妻のみでも可
        (5) 健康保険に加入している夫婦


●助成金額   一般不妊治療 ⇒ 治療1回当たり10万円以内(通算5年以内)
        特定不妊治療 ⇒ 年間10万円以内(通算5年以内)
                 ・秋田県特定不妊治療費助成事業の助成限度額を超えた
                  自己負担分を助成します。
                 ・特定不妊治療の秋田県からの助成額については、仙北
                  地域振興局 福祉環境部へお問い合わせください。
                                 (0187‐63‐3404)
                 ・対象となる方で、所得制限等で県の助成を受けられな
                  い場合や、県の助成を受けていない場合も想定される
                  県の助成金額を差し引きます。
                 ・県に助成申請された方は、県からの交付決定通知が届
                  いてから町への申請の手続きを行ってください。
        不育症治療  ⇒ 治療1回当たり15万円以内(通算5年以内)


●申請手続き  治療後、事前に電話連絡のうえ、次の書類等を揃えて速やかに美郷町保健セ
        ンターへ申請してください。

         1) 美郷町不妊治療・不育症治療費補助金申請書(様式第1号)
         2) 夫婦の住民票(3か月以内のもの。写しでも可)
         3) 夫婦の保険証の写し
         4) 治療費の領収書・明細書の写し(領収書の金額と、受診等証明書に記載
           れている金額が合っているか必ず確認してから申請してください)
         5) 通帳の写し(振込口座確認のため)
         6) 印鑑
         7) 不妊治療の場合は、一般(様式第4号)又は特定不妊治療受診等証明書
          (様式第5号)。不育症治療の場合は、不育症治療実施医療機関証明書
          (様式第6号)。
           ※ 特定不妊治療受診等証明書(様式第5号)は、県の助成を受けられ
             ない、又は受けていない場合に使用してください。
         8) 秋田県特定不妊治療費助成事業の決定を受けた方は、決定通知・受診等
           証明書の写し
         9) 初回申請時に限り戸籍謄本。秋田県特定不妊治療費助成事業の対象者
           は、不要。
 
●申請期限    治療が終了した日の属する年度の末日(3月31日)まで。  


申請書等ダウンロード申請書等ダウンロード


 

哺乳瓶

問い合わせ先
福祉保健課 健康対策班
(美郷町保健センター)
TEL0187-84-4900

おむつ

このページに関する情報