新型コロナウイルス感染症に係る国民健康保険の被保険者資格証明書の取扱いについて

 国民健康保険の被保険者で「資格証明書」をお持ちの方が、新型コロナウイルス感染症の疑いで「帰国者・接触者外来」を受診する場合は、資格証明書でも被保険者証(通常の保険証)と同様に取り扱うことになりました。

■このことによる一部負担金(自己負担)は、3割または2割となります。
■70歳から74歳までの方は、一部負担金が2割となりますが、所得によっては3割となります。
■令和2年3月から適用されますので、受診する場合は、資格証明書を医療機関へご提示ください。

(注意)その他の診療につきましては、これまでどおり、いったん全額自己負担となりますので、ご注意ください。

このページに関する情報