福祉医療制度(マル福)について

福祉医療制度(マル福)とは

 福祉医療制度(マル福)とは、対象となる方が医療機関を受診したとき、支払うべき医療費を助成する制度です。

対象となる方

対象者 年齢や要件 備考
乳幼児(未就学児)
及び小・中学生
0歳児から中学校終了年度の3月31日までの児童
ひとり親家庭の児童 18歳に達する年度の3月31日までの児童
※対象となる方については、こちらをご覧ください。
所得制限あり
高齢身体障がい者 65歳以上の身体障害者手帳4~6級を持っている方
※社会保険本人の場合は対象外
所得制限あり
重度心身障がい(児)者 身体障害者手帳1~3級を持っている方または
療育手帳Aを持っている方
社会保険本人の場合、所得制限あり

 なお、一定以上の所得がある場合や、他の医療費助成事業を受ける場合などは対象外となることがあります。詳しい内容については、ホームページ右側にある「関連ファイル」をご覧ください。

福祉医療制度の利用方法(医療機関にかかるとき)

 医療機関の窓口で被保険者証と福祉医療費受給者証を提示してください。医療費の自己負担額が無料、もしくは低額な負担で受診できます。

福祉医療費受給者証を使えないとき

 次の場合などは、自己負担額をお支払いのうえ領収書を役場窓口へ提出してください。後日、申請書に記載された口座へ助成額を振り込みます。
 ・県外の医療機関を受診したとき
 ・病院の窓口で福祉医療費受給者証を提示しなかったとき
 ・医師の指示により治療用装具(コルセットなど)を作成したとき
 ・保険診療で訪問看護をうけたとき

 申請方法や申請書などについては、下記の「福祉医療制度の各種申請について」をご覧ください。

福祉医療制度(マル福)の各種申請について

 福祉医療制度の各種申請や申請書などについては、こちらをご覧ください。
 なお、各種申請書は役場窓口に用意している他、ホームページからもダウンロードできます。


 
このページに関する情報