平成29年就業構造基本調査を実施します

就業構造基本調査のご案内(リーフレット)
就業構造基本調査は、ふだん仕事をしているかどうかや仕事に関する希望などについてお尋ねし、全国や地域別の就業構造を明らかにするものです。その結果は雇用政策、経済政策などの基礎資料として利用されます。本調査は5年毎に実施されており、今回は17回目の調査になります。

周知用リーフレットは こちら です。

就業構造基本調査の概要



  調査の期日
 
平成 29 10 1 日現在で実施します
 
実施する機関

総務省統計局・秋田県・市区町村
 
調査の対象

無作為に選定された世帯の 15 歳以上の方が対象
 
根拠となる法令

統計法 ( 平成 19 年法律第 53 号 ) に基づく基幹統計調査 ( 特に重要な統計調査として総務大臣が指定したもの )

実施方法

1 事前の準備調査として 8 月下旬から調査員 ( 県知事の任命を受けた統計調査員証を携帯しています ) が対象調査区の各世帯を訪問します。

2 準備調査において作成した名簿を基に調査対象世帯が抽出されます。 9 月中旬から調査員が対象となった世帯に調査票を配布します。

3 調査員が 10 月から調査世帯を訪問し、調査票を回収します。

※ なお、今回調査からパソコンやスマートフォンを使って簡単に回答することが可能となりました。


調査項目

就業・不就業等の労働状況、育児・介護等の生活状況など。


個人情報の保護について

個人情報は、統計法に基づき厳重に保護されます。



↓ 総務省の就業構造基本調査のページに はこちらのバナーからお入りください。

就業構造基本調査バナー  

このページに関する情報