美郷暮らし促進奨励金

平成29年1月1日から平成31年12月31日までに

住宅を取得・整備したものが対象です

美郷町若者定住促進奨励金がリニューアルして、美郷暮らし促進奨励金となりました。

【主な変更点】
1.奨励金対象要件に、住宅増改築・リフォームが追加されています。
ただし、300万円以上の整備(新築・購入・増改築・リフォーム)が必要です。
2.奨励金の加算オプションに、移住世帯や三世代同居世帯、空き家バンク登録物件を取得した場合が追加されています。

美郷暮らし定住奨励金PRチラシ  

 

 

申請に必要な書類

下記1から3までの様式は、関連ファイルダウンロードから取得できますのでご利用ください。 

1 美郷暮らし促進奨励金交付申請書 (様式第1号)
2 美郷暮らし促進奨励金交付申請調書 (様式第2号)
3 【共有名義の場合】美郷暮らし促進奨励金交付申請書委任状
4 世帯全員の住民票(続柄が記載されているものが必要です。)
5 住宅所有者の戸籍の附票(町外在住者のみ。ただし、共有名義となっていて、共有者も町外在住者の場合は、共有者の戸籍の附票も必要です。)
※ 10年以上連続して美郷町外に住民登録したことが確認できるものが必要です。なお、保存年限の経過により附票の交付を受けることができない場合は、生年月日及び当時の住所を確認できる公共料金の領収書または、3親等以外を除く2人以上の成人からの証明が必要です。
6 工事請負契約書または、売買契約書の写し(契約日、契約相手、工事期間が記載されているもの)
7 工事請負契約または、売買契約によって支払った領収書の写し
8 工事完了届又は家屋引渡書の写し、工事写真(着工前、施工中、完成後)
9 固定資産税納税通知書および課税明細書の写し
10  家屋の位置図、平面図
※ 併用住宅の場合は、住居の用に供する部分と、それ以外の部分の面積が確認できるもの。リフォーム工事の場合は、省略可能です。
11  登記簿の写し等(共有割合等を確認します。) 

平成30年度も継続 ご利用ください!
【フラット35】子育て支援型・地域活性化型のご案内

 平成30年2月1日に全期間固定金利型住宅ローン【フラット35】を提供する独立行政法人住宅金融支援機構と美郷町が「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型及び美郷暮らし促進奨励金事業に係る相互協力に関する協定」を締結しました。
 これにより、「美郷暮らし促進奨励金」の対象(予定)者のうち、奨励金加算部分の合計額が20万円以上となる方が【フラット35】子育て支援型・地域活性化型を利用し住宅を新築・購入する場合、金利の引き下げ(当初5年間、年▲0.25%)を受けることができます。
 また、【フラット35】子育て支援型・地域活性化型を秋田銀行及び北都銀行でご利用の場合、融資手数料が50%割引されます。

 【フラット35】子育て支援型・地域活性化型の詳しい内容・要件は、住宅金融支援機構ホームページをご覧ください。(関連リンクから閲覧できます。)