坂本東嶽邸

千畑発展の礎を築いた明治の先覚者 坂本東嶽(さかもととうがく)
坂本東嶽邸坂本東嶽
坂本東嶽(理一郎)は文久元年(1861)に千屋村小森に、父藤兵衛、母しげの長男として生まれた。 
幼いころから漢文や漢詩の素養があり、10歳になった年、六郷町の熊谷松陰に師事し、儒学、和漢を学び始める。また、向学心に燃えた理一郎は、12歳で上京し、西村茂樹博士の家塾、中村敬宇博士の同人社で洋学を学んだほか、根本通 明先生の教えも受けている。ちなみに、理一郎の号「東嶽」(とうがく)は根本通明先生の号「羽嶽」にあやかったと伝えられている。
いったん帰郷し千屋簡易学校で教べんを執った後、再び理一郎は上京する。
東京では運命的な出会いも待っていた。先進的な政治・経済を学ぶため入学した慶應義塾で犬養毅と出会ったことである。この出会いによって、生涯の友として、よき政友としての契りを二人は交わすことになる。 
理一郎は、明治23年(1890)29歳の時に秋田県議会議員、明治27年には衆議院議員に選出されている。しかし、優れた政治的人材が都会に集中し、地方農村が立ち遅れていくさまを憂い、代議士を辞して郷里に帰って来る。
 

一丈木公園
一丈木公園

田園都市をこの地に
理一郎は村づくりにあたって、原野の開発に着目している。これは、どの地区にも属さない原野に村の中心となる施設を配置することによって、藩政時代の旧村意識が抜け切らない村民感情を緩和し、村民の気持ちを一つにまとめる意図もあったとされている。
一丈木台地を公園にし、公園下に役場、学校、公会堂、郵便局などの公共施設を配置して村の心臓部をつくる。
さらに、ここから各地区へ向けて6本の直線道路を放射状に配し、その両側には松・杉を植栽し、並木道をつくった。広々とした道路、大胆でち密な村づくりに人々は驚嘆したという。 

 

松並木
松並木

農業を経済の基本に
産業改革にも理一郎は乗り出した。産業技術と経済能力の向上を図るため、千屋村農会が創立されると、その初代会長として乾田馬耕の奨励指導に心血を注いだのである。 
また、現金収入を確保するため養蚕・果樹などを奨励したほか、福岡県より先覚的農業者を招いての農事講話会の開催、耕地整理の着手など、常に先取的取り組みを推し進めていった。 

放射状に伸びた直線道路
放射状に伸びた直線道路

村づくりは人づくり
教育の振興について、理一郎は生涯を通じて心を砕いている。各地区の青年に働き掛けて夜学会を興し、これまで学んできたことを伝えたほか、千屋青年会を結成し、農閑期を利用して討論会、演説会なども開催している。 
また、青年農民養成の目的をもって勧農会を組織し、多額の自費を投じて書籍、農機具を購入して技術習得を助長している。
理一郎は晩年体調をくずし、一切の公職を辞して静岡県で静養していたが、大正6年(1917)4月、57歳で帰らぬ人となった。
しかし、理一郎の教えを受けた青年たちの手によって「理想の村づくり」は着実に進められ現在に至っている。
私心のない高潔な人格、そして郷土をこよなく愛した理一郎を、人々は敬愛の念を込めて「東嶽翁」と呼ぶ。理一郎の遺した心は、「東嶽精神」として今なお人々の心に息づいている。 

坂本東嶽邸
坂本東嶽邸
茶室
邸内の茶室

訪ねてみませんか…
美郷町坂本東嶽邸

坂本家より町に寄贈された邸宅は、明治29年の陸羽地震の後に建てられたものです。
一部解体されてしまったため、当時ほどの規模はありませんが、収蔵品から
大地主であった坂本家の生活をうかがい知ることができます。 
理一郎は文化人としても才能にあふれ、中央の文人・墨客とも交流があったため、書画も多く収蔵されています。また、犬養毅、大隈重信らからの書簡類は理一郎の交友関係を知る上で貴重な資料となっています。

観 覧 料
区 分 普通料金  団体料金(15人以上)
高校生以下 無 料 無 料
一 般 1人 210円  1人 150円 
 
使 用 料
区 分 午 前
(9時から正午まで)
午 後
(正午から5時まで)
1 日 
母 屋 1,080円  1,080円  2,160円 
茶 室 1,610円  1,610円  3,240円 
 

臨時開邸のお知らせ

仙北市のわらび座小劇場で坂本東嶽を題材とした「ミュージカル・びっくり理一郎」が公演されております。
町では公演日に限り坂本東嶽邸を臨時開邸することになりました。
ぜひ、雪景色の坂本東嶽邸もご覧ください。


観覧可能日

観覧時間 : 午後1時 ~ 午後4時
観覧料  : 上記のとおり

※ 20名以上の観覧は事前の申請が必要です
  (団体用申請書はこちらから)
※ 暖房設備がありませんので、暖かくしてお越しください

<お問い合わせ>
美郷町教育委員会 生涯学習課 歴史文化財班
電 話 0187-84-4040
 
 (美郷町学友館)

坂本東嶽邸
住所 秋田県仙北郡美郷町千屋字中小森91
電話 0187-85-3008 

 
このページに関する情報