入札制度改正について(平成28年6月1日施行)

◎特定建設業の許可及び主任技術者等の配置に関する基準の緩 和に伴う町発注工事関係要綱等の改正について

 美郷町が発注する建設工事に係る「入札参加にあたっての留意事項」の見直しを行いました。
 内容については、次のとおりです。

 
1.見直しの理由
 
 社会経済情勢の変化に応じた規制の合理化により技術者の効率的な配置を図るため、建設業法施行令(昭和31年政令第273号)が改正され、平成28年6月1日以降、全ての工事について、特定建設業の許可及び主任技術者・監理技術者の配置に関する基準が緩和されます。

 このため、町発注工事において、技術者の効率的な配置を図る必要があることから、見直しを行います。
 
2.見直しの概要

 町発注工事において、主任技術者等の専任配置を求める工事の下限を請負金額2
, 500万円から請負金額3 , 500万円(建築一式工事にあっては、請負金額5 , 000万円から請負金額7 , 000万円)に引き上げることとします。
 また、特定建設業の許可及び管理技術者の配置を求める工事については、下請金額を以下のとおりとする。加えて、 県の内容に沿って、配置する技術者の資格部分において、「技術士」を追加し、さらに対象工事の金額の 2,500 万円以上 を 3,500 万円以上 と変更する
   

 

工種

改正前

改正後

主任技術者の専任配置を求める工事

一般土木工事等

請負金額 2,500 万円以上

請負金額 3,500 万円以上

建築一式工事

請負金額 5,000 万円以上

請負金額 7,000 万円以上

特定建設業の許可及び監理技術者の配置を求める工事

一般土木工事他

請負金額が 8,000 万円以上又は下請代金が 3,000 万円以上

請負金額が 8,000 万円以上又は下請代金が 4,000 万円以上

建築一式工事

請負金額が 8,000 万円以上又は下請代金が 4,500 万円以上

請負金額が 8,000 万円以上又は下請代金が 6,000 万円以上


3.見直しの時期

 平成28年6月1日以降に入札公告等を行う工事から適用します。

 ※右記関連ページよりご確認ください。
このページに関する情報