入札時における見積内訳明細書の取扱いの見直しについて


~平成
27 4 1 日以降に入札公告または指名通知を行う工事から適用します~


入札時における見積内訳明細書の取扱いの見直しが行われ、次のとおり変更になります。


 

1 入札時に入札金額の内訳書の提出が必要になります。


●平成27年4月1日より、改正入札契約適正化法が施工され、全ての公共工事の入札の際に、
入札金額の内訳書の提出が必要となります。

 

2 美郷町が発注する工事においても、全ての入札参加者に対し、入札時に
見積内訳明細書の提出を義務づけます。


【従来】 町が発注する 一部の 工事 → 【今後】 町が発注する 全ての 工事

※「建設コンサルタント業務等」の取扱いは従来どおりです。  

3 見積内訳書の記載に不備があった場合、落札候補者の入札が無効とな
ります。


●入札が無効となる場合

(1)提出者の商号又は名称の記載がないもの
(2)押印がないもの
(3)建設工事の件名がないもの
(4)工事価格の記載がないもの
(5)入札金額の内訳の記載がないもの
(6)前各号に定めるもののほか、指示した条件に違反すると思われるもの


●見積内訳明細書を提出しなかった場合も、入札は無効となります。

※なお、当分の間、見積内訳明細書に不備があった場合、落札候補者を無効としないものの、
将来に向けて検討します。(経過措置)


詳細については、右記のPDF文書をご覧ください。  

このページに関する情報