入札制度改正について(平成27年4月1日施行)

公共工事における前払金制度の適用拡大及び中間前払金制度の導入について

~平成 27 4 1 日以降に入札公告または指名通知を行う工事から適用します~

 

厳しい経済状況の中、町が発注する建設工事の施工に必要な労働力、資材等を円滑に確保できるよう、次のとおり前払金制度の適用範囲を拡大するとともに、新たに中間前払金制度を導入します。


 

1 前払金制度の適用拡大


     ○変更点
 

 

改正前

改正後

適用基準額

500万円以上

130万円以上

支払限度額

5,000万円

制限なし

請求期限

21日以内

期限なし


       ※前払金額(請負金額の4割)及び請求単位(万円)については変更ありません。




   

2 中間前払金制度の導入



見出し 1)中間前払金制度とは


前金払を受けた工事
( 設計、測量を除く。 ) を対象として、当初の前払金 ( 契約金額の 4 ) に追加して、検査を必要とせずに工期を半分過ぎた時点で、さらに契約金額の 2 ( 中間前払金と前払金の合計額は、請負代金額の 6 割を限度とする。 ) を前払金として受け取ることができる制度です。
( 請求にあたっての詳しい内容や条件については、 「美郷町における公共工事の中間前払金制度の概要」 を必ずご確認下さい。 )

 

見出し 2)対象となる工事


 

中間前払金の対象となる工事は、 1 件の請負金額が 130 万円以上で、次の要件の全てに該当するものとなります。  
 

①工期の 2 分の 1 を経過していること。

②工程表により工期の 2 分の 1 を経過するまでに実施すべきものとされている当該工事に係る作業が行われていること。

③既に行われた当該工事に係る作業に要する経費が契約金額の 2 分の 1 以上の額に相当するものであること。

※中間前払金の支払いを受けるには、当該工事の前払金の支払を受けていることが前提となります。

 
 

3 適用時期


平成27 年4 1 日以後に入札の公告等を行う工事から適用します。

見出し ※中間前払金の詳細については下記をご覧ください

「美郷町における公共工事の中間前払金制度の概要」

このページに関する情報